新作映画情報 1月28日

1月28日(火曜日)の新作映画情報です。(12時07分更新)

最新情報   トップページ

外国人監督が見た日本の“狂気”。『キラーズ』監督が語る

本作は、女を捕らえては残忍な方法で殺害し、その一部始終を撮影してネットに公開している男・野村(北村)と、彼が放った映像を観てしまったことから殺しにのめりこんでいくインドネシアのジャーナリスト・バユ(オカ・アンタラ)の奇妙なドラマを描いていく..

オスカー最有力候補『それでも夜は明ける』予告編がついに公開

本作は、ニューヨークで妻と子どもと共に幸福に暮していたソロモン・ノーサップが、ふたりの白人の裏切りによって拉致され、12年もの間、“奴隷”として苦しむも、生きる希望、家族と再会したいという望みを捨てずに懸命に生き抜こうとする姿を描いた作品..

実際に起きている!? 『エージェント:ライアン』が描く“脅威”とは?

本シリーズはこれまで4作品が製作され、アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックがライアンを演じてきたが、最新作では『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のクリス・パインがライアンを演じ、ウォール街で働く若いアナリ..

ロボコップが緊急来日&日本全国の警察署を巡回!

本作は、1987年に公開された傑作映画をスタッフ・キャストを一新して新生させる作品で、2028年のアメリカ・デトロイトを舞台に勤務中に重症をおった警官アレックス・マーフィーが、巨大企業オムニコープ社のテクノロジーによって“ロボコップ”として生ま..

宮沢りえ、7年ぶりの主演映画は角田光代原作『紙の月』

本作は、バブル崩壊直後の1994年を舞台に、真っ当な人生を歩んでいた平凡な主婦が起こした大金横領事件の顛末を描くサスペンス・エンタテインメント。宮沢は、夫とふたり暮らしの平凡な主婦・梅澤梨花を演じる。原作小説『紙の月』は、今年の1月からNHKで..

大ヒット韓国映画『7番房の奇跡』が満足度ランクトップに

1位の『7番房の奇跡』は、知的年齢が6歳の父親と、しっかりものの6歳の娘が起こす奇跡を描いたヒューマンドラマ。出口調査では「たくさん笑って、たくさん泣いた。ストレートに描かれる親子の愛情が素敵だった」「冤罪の恐ろしさ、権力の怖さを感じた。子..

『スノーピアサー』特集