IT関連情報 2月3日

2月3日(月曜日)のIT関連情報です。(12時50分更新)

最新情報   トップページ

AWSが最大のライバル、山野氏が語った「EMCの再定義」

EMCジャパンの代表取締役社長、山野修氏は、「ITの再定義」を2014年の日本市場におけるキーワードに挙げた。競合として最も意識しているのはAmazon Web Services(AWS)だとし、第2のプラットフォームから第3のプラットフォームへの橋渡しを支援する役割を果たしていきたいと話した。



PR:【締切間近】@ITキャンペーン :「ルンバ780」と「iPad Air」が当たる

2014年最初の@ITメルマガ購読キャンペーンのご案内です。今回はいつもと趣向を変えまして、お掃除ロボット「ルンバ780」と好評の「iPad Air」をご用意しました。期間は2/4まで。ご応募お待ちしています。



JDK 8、TLS 1.2がデフォルトに

Javaの通信暗号化もTSL 1.2に。基本的に後方互換性は維持するが、一部影響がある場合もあるという。



PR:8.1 Previewで問い直す、Windowsトレンドと今、情シスが持つべき着眼点

Windows 8.1はどのようなインパクトをもたらすのか。今あらためてWindowsを取り巻く環境を整理し、今後あるべき業務環境のポイントを探る。



人生には、失敗なんてない!

40歳を過ぎてなおチャレンジし続ける平林さん。そんな彼が好きな言葉は「やってみなければ分からない」だ



Google ChromeのWindows 8モードを使う

 Googleのブラウザ「Chrome」に加わったWindows 8モードについて解説。Windows 8/8.1向けのみの機能だが、その概要やメリット、注意点などをまとめた



スマートフォン広告計測サービスの裏側

 スマートフォンアプリ広告の世界は、Web広告よりもユーザートラッキングが難しい世界。サービス展開を支える環境を現場技術者が解説



ミャンマーは中国プラスワン戦略の主役となるか

本連載では「中国プラスワン戦略」として今注目されているミャンマーを中心にオフショア開発の最新トレンドを紹介する



Amazon KinesisがStorm向けのライブラリを公開

AWSが提供するストリームデータ処理サービスが、散型リアルタイム処理フレームワークであるStormと連携できるようになった。



他社との連携を強めるミドクラの狙い

SDNの世界は、ONF(Open Networking Foundation)、OpenStackプロジェクト、OpenDaylightプロジェクト、Open Computeプロジェクトなどの動きが絡み合い、ますます複雑化する様相を呈している。その中で、ミドクラはどう動こうとしているのか。ミドクラ会長の加藤隆哉氏に聞いた。



日本マイクロソフト、Windows Server 2003からの移行を呼びかけ

 2014年1月29日、日本マイクロソフトは同社のパートナー12社とともに、「2015年7月15日(日本時間)」にサポートが終了するWindows Server 2003からの移行を促進するための記者説明会を開催した。



誰も信じなくてもいい、自分は自分を信じるのみ

30代後半になって米国の審判学校で学び直す。20代の若者たちに負ける気がしなかった理由とは



ビジネス目標を見据えたテスト設計が肝

@IT編集部が2014年1月28日に開催した「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス 冬の陣」の模様を紹介する



Windows 8.1をキオスクモードで専用端末にする

 電源オンで特定のアプリだけを実行する「キオスク端末」。Windows 8.1の「割り当てられたアクセス」でキオスク端末モードを設定してみる



デバッグ時にメソッドの戻り値を調べるには?

 Visual Studio 2013の新機能を活用して、デバッグしているときにメソッドの戻り値を調べる方法を解説する



Androidでリアルタイムマルチプレーゲームを開発

 Google Play Game Servicesの機能を使ってゲームへの招待・招待の検知・参加・退室、メッセージの送受信を行う方法を紹介



オープンソース化の波はサーバーからストレージ、ネットワークにも、Open Computeサミット

データセンターなどの設備仕様のオープンソース化を推進する「Open Compute Project」(OCP)の第5回「Open Computeサミット」が2014年1月28日、カリフォルニア州サンノゼで開かれ、これまでの取り組みが紹介された。



レッドハット、OpenStack/仮想化の最新製品を説明

レッドハットは1月28日、米国本社が1月22日、全世界的な提供開始を発表したOpenStack/仮想化製品の最新版について説明した。国内企業におけるOpenStack製品の導入例が出始めているという。



TalendがApacheライセンスに移行を発表、再利用しやすい体系へ

データの加工や抽出、マスターデータ管理のためのツール「Talend」がライセンスを変更する。他の製品に組み込んだ配布を許容して、ユーザーの拡大を目指す。



フォーティネットがサンドボックス製品を投入、標的型攻撃対策の一環に

ォーティネットジャパンは2014年1月29日、標的型攻撃対策を支援するソリューションの一部として、サンドボックス機能に特化したセキュリティアプライアンス製品「FortiSandbox-3000D」を発表した。



寒いセキュリティ月間はデブサミやカニで盛り上がれ

 学生/子ども向けプログラミング教室、Dart、防災・減災、WordPress、SDN、Open Data、仮想化、3Dプリンタなどのイベントを紹介



ヘルプミー! 困った時のサポートデスク

 初めての海外出張でトラブル発生! こんな時にあなたを助けるフレーズは何でしょう?



Gmailで受信メールを集約・一元管理する

 複数のメールアドレスを持っていると「このメアドはスマホで読めない」となりがち。メールをGmailに集約して使いやすくするには?



未来予測を支える技術とPivotal/Mongo、Groonga

  エレクトロニクス業界の巨人「GE」がPivotal出資の真意を改めて語った。MongoやGroongaの情報も



2013年のセキュリティインシデントを振り返る

 2013年、さまざまなセキュリティインシデントが発生しました。事件に対して、皆さんはどう行動しましたか?



冷蔵庫は「無実」――シマンテックがスパム発信元を調査

「インターネットにつながったスマート家電から75万通以上のスパムメールが発信された」という報道に関して、シマンテックは2014年1月27日、実際に感染していたのは同じホームネットワーク内のWindows搭載PCであり、冷蔵庫は「無実だ」とするブログを公開した。



Open Compute Projectのソリューションプロバイダとは何か

CTCが1月27日、国内で初めて「Open Compute Project Foundation」とOCP認定ソリューションプロバイダとしての契約を結んだと発表した。では、OCP認定ソリューションプロバイダとは何なのか。



マイクロソフトがOpen Compute Projectに参加、クラウドサーバー仕様を提供

マイクロソフトがOpen Compute Projectに。自社で展開するクラウドサービスで利用しているデータセンターのサーバー設計仕様をプロジェクトに提供する。



受注獲得支援、ニートの自立支援もデータ分析で――日本IBM

具体的なデータ活用の事例が相次いで発表に。顧客情報分析によるパターン抽出など、部門や組織に蓄積されてきたデータを次に生かす取り組みだ。




最新情報   トップページ