FX/外国為替情報 4月25日

4月25日(金曜日)のFX/外国為替情報です。(23時31分更新)

最新情報   トップページ

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > 米1−3月期GDP 一気に伸びが鈍化の見込み
来週は日本では日銀金融政策決定会合、欧州ではユーロ圏CPIなど、各国とも注目の材料が並ぶ中週の半ばからの米国発の重要イベントの連発が注目される週となりそうです。米国で定期的に発表されるイベント・指標のうち注目度が高いトップ3、FOMC(米連邦公開市場委員会・年8回発表)、実質GDP(四半期毎・発表は当該四半期終了後、毎月ごとに速報値、改定値、確報値の順に発表、注目度が高いのは速報値)、雇用統計(基準日である12日を含む週から数えて3回目の金曜日・月の最初の金曜日になることが多い)がすべて出揃う週となってい...

朝倉伊津子の“ブレイブハートな毎日” > 気になる年収
オージーはCPIが出る前に利確してしまいました。予想以下だったし、その後の中国PMIも悪かった。で、今は95円割れ、でもこの辺りは買いも入るんでしょう。チャート的にはちょっと悪い形になってきた。RBNZの方は予想通り、0.25%の利上げをし、キウイは上昇したのでキウイドルのポジションも利確しました。RBNZ今度の金融政策会合は5月はなくて6月12日。だからたぶん今回は0.25%利上げやるんじゃないかという憶測は容易にできたわけです。まあ、利上げ方向は明確なのですが、ただ今回為替レートについて言及しているの...

マーフィーの“日々是好日” > 「時価評価」の大切さ
「時価評価」とは、持っている金融資産を、ある時点の実勢レベルで評価することです。FXの世界では、時価評価した時点で評価損を抱えていても、実現しない限りは、損失と見なさない人がいますが、それはとても危険な考え方です。相場が上昇すると思って、ロングポジションを持ったが、実際の動きは逆に下がり始め、大きく評価損を抱える状態になっていたが、何とか元のコスト近辺に戻ってきたからやれやれと思って、僅かな益を得られるレベルでポジションをスクエアにしたら、そこから本格的に上昇を始めてしまったご経験はないでしょうか?往々に...

水谷文雄の“為替 ケ・セラ・セラ” > オセアニア通貨明暗分かれる!
Hola!Que tal?Muy bien, gracias!良い天気が続き、毎日の散歩が心地よい。公園では今は八重桜が見所です。そして米国から贈られたハナミズキも輝いています。ピンクのハナミズキは見事ですね。オバマ大統領の来日とぴったり一致ですね。今日の写真は羊山公園の芝桜です。今は満開状態に近づいているのではと想像しています。昨日からはオセアニア通貨が主役となっています。昨日の豪第1四半期消費者物価2.9%前年比と予想の3.2%よりは低く、RBAのインフレ目標の上限3.0%も下回りました。このため短期...

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > まもなくRBNZ政策金利発表 2会合連続利上げへ
まもなく午前6時にRBNZ(ニュージーランド準備銀行・中銀)の政策金利(OCR)が発表されます。前回3月13日の会合で11年3月にNZにとって史上最低金利となる2.50%まで引き下げられていた政策金利を3年ぶりに変更し、2.75%としたRBNZ。このときの声明で2年間で2%の金利引き上げ見込みを発表しており今後も金融引き締め姿勢が続く見込みです。こうした中、市場は今回の会合で連続利上げを実施するという見通しでほぼ一致。注目は中銀の今後の姿勢となりそうです。前回からの利上げ基調はインフレの抑制が主な目的とな...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 市場の関心は来週のFOMC&米雇用統計!動意薄の展開?
相場自体は、イースター休暇明けで全体的には動意薄の展開を強いられている。その中、米企業の好決算を背景に米NYダウが上昇していたこともあり、円売りの動きがやや優勢にっている。また、バーナンキFRB前議長が米経済は大きな進展を見せており、完全な回復の方向に向かっていると述べたほか、米国には大きなインフレもデフレもリスクはなく、インフレは2%に向けて加速すると見通しを述べていることもドルの買戻しの動きに繋がっている。一方、ユーロドルは、依然として、ECBの追加緩和期待は根強い中、ECB関係筋によるユーロ高けん制...

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > まもなく中国HSBC製造業PMI
10時45分前後に中国HSBC製造業PMIが発表される。同指標は直近5ヶ月連続で悪化しており前回3月は速報時点で48.1(確報値ベースで48.0に下方修正)と8ヶ月ぶりの低水準を記録した。1月、2月は低迷が織り込まれていた中国経済が3月もさえない状況にあることが示されたことで今年の経済成長が目標の7.5%に届かないのではとの市場の懸念を拡大する結果に。今回は事前見込みは48.3と小幅ながら前回からは改善。ただ、好悪判断の境目である50には遠いという見方で予想通りだとすると4月以降も厳しい中国の経済状況を示...

朝倉伊津子の“ブレイブハートな毎日” > 伝家の宝刀
ここのところ、早朝からの仕事で、朝7時20分台の電車に乗っていました。私もかつてはサラリーウーマンでしたが、証券会社の日株やアジア株の営業だったため、6時半くらいの電車で通勤していたため、ラッシュに遭遇することはまったくなかったのですが、7時台だともうすごい混むんですよね。仕事前に、私はこれで体力消耗。私が宮仕えを辞めてからもう13歳も年を取ってしまいましたからそれも当然かも。毎日混んだ電車で通勤される方を尊敬します。私はわずか数日で根を上げてしまいました。さて、私のポジションは、ポンド円はやっと利確。し...


最新情報   トップページ